審査の甘い消費者金融


肌年齢

 人は見かけで判断できませんが、肌の状態からその人の健康状態をうかがい知ることは可能です。偏った食生活などは如実に皮膚に現れます。皮膚が与える印象は絶大で、たとえば実年齢よりも若く見える、老けて見えるといった「見た目年齢」を大きく左右するのも肌の質感です。俳優が老け役を演じるとき、目じりや額、小鼻から口角のラインにシワを作ったり、シミを描くと、とたんに老人の顔になります。つるつるの肌で白髪のカツラをかぶっても違和感がありますが、肌を老けさせるとカツラ無しでも自然に老け顔になれるものです。加齢や生活環境など、皮膚を老化させる原因がありますが、老化の進行を遅らせるテクニック、日々の行いを紹介します。

もともとバランスがいいお肌。まず、持って生まれた肌質があります。少々手入れを惰っても平気な人もいれば、敏感ですぐに肌荒れを起こす人もいます。皮脂の分泌量や乾燥の度合いにも個人差があり、こうした要素で老化の進行も違ってきます。とはいえ、肌質はスキンンケアや生活環境によってある程度カバーできます。

自分の肌をよく観察している。肌がキレイな人は、自分の肌をよく観察していて、その変化に敏感です。普段から肌をよく見ていれば、トラブルも初期段階で対処でき、合わない化粧品を使い続けることもありません。それぞれのアイテムも流れ作業的ではなく、一つ一つ確認しながらつけていくので、そのときのお肌の状態に合ったケアができます。

必要以上に化粧をしない。しっかりメイクをする人よりも、しない人のほうが皮膚の老化が遅いといえます。ファンデーションや口紅、アイシャドウなどは、お肌を美しく見せるために使うものですが、皮膚にとっては異物・汚れと同じです。洗顔が不十分でメイク汚れが残っていると皮脂に混ざって酸化して肌のトラブルの原因になります。きちんとメイクを落とすには、それなりの洗浄力のあるクレンジング剤が必要ですが、クレンジング剤は皮膚への負担がもっとも大きい化粧品です。化粧をすればそれだけクレンジングによるダメージも増えてしまうのです。だからといってまったく化粧をしないというのも無理なので、要はメリハリが必要ということです。

スキンケアがシンプル。お肌の美しさを保ち老化を遅らせるために使っている基礎化粧品も、逆に老化を進めている可能性があります。防腐剤、酸化防止剤、香料といった添加物や合成界面活性剤(乳化剤)などによる皮膚への影響がしばしば取りざたされています。といっても、添加剤や界面活性剤は商品の安定性を保つには必要なもの。化粧品メーカーはそれらは微量なもので問題がないといいます。しかし目に見えるような影響がないからといって、皮膚になんらダメージもないと言い切れませんね。これらの危険を避けたい人は、ほぼ水に近い化粧水や天然のオイルなどで水分・油分を補給します。天然に近い水やオイルとなると、シワやシワ専用の化粧品などもあまりありません。しかし、シンプルなケアを継続したほうが、30代、40代になってもシミやシワの少ない、きれいなお肌を保っているケースが少なくないのです。
免責事項
プライバシーポリシー
利用規約
Copyright(C)2008-2011
消費者金融審査